サッカー日本代表、システムは4-4-2

ここ最近、日本のフォーメーションは変則的な3-5-2だったが、小野の代表復帰によって、どうやら4-4-2に変更されるようだ。

中盤はダイヤモンド型で、トップ下に中村、右に中田英、左に小野、ボランチに稲本が入るものと思われる。従来、代表での小野はボランチだったが、システムの変更で攻撃的なポジションに入ることになる。

中村、中田英、小野の攻撃的なMFが前を向くことは、決定力不足に悩む日本代表にとってはいい選択かもしれない。だがこのシステムは、守備兼任のMFが一人になることで、中盤での守備力が落ちる。稲本は有能だが、世界のMF相手にどこまで通用するかは疑問である。

そもそも、日本代表の一番の欠点は点をとれないFW陣だろう。にも関わらず、好調の平山についても、ジーコは「静観する」などと、この期に及んで寝言をいいやがる。FW陣は、高原、柳沢、大黒、そして久保の四人になると思われる。

高原、柳沢に関してはクラブチームでも結果を残せておらず、代表に召集される理由が理解できない。これはジーコの私情ではないのか。そして久保も怪我が続き、戦闘力は未知数だ。

もちろん、高原や柳沢、久保にしても、日本で屈指のFWなのは間違いない。だが、私なら結果を残せていない彼らよりも、結果を残し続けている平山や、勢いのある大久保を使う。

日本代表のフォーメーションを予想してみた。システムは4-4-2のダイヤモンド型。

FW:右から高原、柳沢
MF:トップ下に中村、右に中田英、左に小野、底に稲本
DF:右から加地、中沢、宮本、三都主
GK:川口

<サブ>
FW:久保、大黒
MF:福西、遠藤、小笠原、松井、中田浩
DF:田中誠、松田、三浦
GK:楢崎、土肥
[PR]
by testarossa7537 | 2006-01-28 11:44 | サッカー


<< ユーロ2008予選グループ組み... F1 SUPER AGURIの... >>