ロベルト・カルロスの後継者はA・コール?

レアル・マドリーが来シーズンに向けてアーセナルのDF、アシュリー・コールの獲得に乗り出していると、イギリスの日刊紙が報じた。

アシュリー・コールは左センターバックの選手で、獲得が現実になれば今シーズン限りで退団する見込みのロベルト・カルロスの後継者ということになる。

アシュリー・コールの特徴は何と言ってもサイドからの突破力。爆発的な加速と、正確なクロスを併せ持ち、相手チームの脅威になることは間違いない。果敢なオーバーラップを試合中何度も見せ、ロベルト・カルロスよりも右サイドバックのシシーニョのプレースタイルに近い。

ロベルト・カルロス程のパワーはもちろんないが、それを補って余りあるスピードが彼にはあり、尚且つ守備センスにも定評がある(ハイボールの処理にやや難ありか)。ロベルト・カルロスは守備に緩慢なプレイヤー(私に言わせれば彼はDFではない)なので、そういった意味ではレアル・マドリーの守備力にも貢献しそうだ。

レアル・マドリー側は、その代わりにFWのジュリオ・バティスタを移籍させるつもりのようだ。バティスタはセビージャ時代には18ゴールをあげ得点力は確かだが、レアル・マドリーに来てからは頻繁に前線がポジションチェンジするシステムに適応できず、結果が全くでていない。

ゴール前でボールをもらっても、枠をはずすシーンが目立つ。やはり自信なさげに打ったシュートは入らないのだ。環境を新たにするというのは彼にとっても復活のきっかけになるかもしれない。

なお、ロベルト・カルロスの去就については様々な噂があり、カタールでプレーするか、或いはイタリアのACミランに行く可能性まで浮上している。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-01-31 18:42 | サッカー


<< F1 ルノーが新車を発表 クロアチア、韓国に0-2で敗れる >>