RCDマジョルカ×レアル・マドリー(リーガ第25節)

まさかの敗戦
首位バルセロナを勝ち点7差で追っていたレアル・マドリーだが、降格争いをしているマジョルカにまさかの敗戦。バルセロナがサラゴサ戦に勝利したため、勝ち点差は10に広がった。

この日は生憎の雨で、ピッチコンディションの悪い中、試合は行われた。

自陣深くに引ききったマジョルカの守備に、レアル・マドリーは決定的なチェンスを創れない。前線で積極的にかき回さなければならないはずのロナウドは、相変わらず足が止まっている。これではスペースが生まれるはずも無く、レアル・マドリーはリズムに乗り切れない。

ロビーニョやジダンらがドリブル突破を試みるが、全選手が自陣にリトリートし、守備で数的優位を作るマジョルカにことごとく跳ね返される。

それでも前半31分、FKからセルヒオ・ラモスが得意のヘディングでゴールを陥れ、最近の勝負強さの一片を見せる。

しかし、やはりリズムに乗り切れないのか、次第にマジョルカのカウンターアタックに晒されるようになる。

後半開始直後、マジョルカにゴール前に殺到され、セルヒオ・ラモスが思わずPKを与えてしまう。これをピスクリチが冷静に押し込み、レアル・マドリーは同点とされる。

さらに後半35分、バシーナスとアランゴに完全に崩され逆転を許す。結局これが決勝点となり、レアル・マドリーはアウェイで苦汁を飲まされた。

また、リーグ戦2位につけていたバレンシアも引き分けたため、バルセロナとバレンシアの勝ち点差は8に開いている。

同じ過ちを繰り返す
この試合の展開を見たとき、私は先日のアーセナル戦を思い出した。この2戦に見えるレアル・マドリーの課題。それは“引ききった相手に対する攻め”である。

奇しくもマジョルカは、アーセナルと同じく全選手が自陣にリトリートする守備を敷いていた。レアル・マドリーは無駄なパス回しで時間を浪費し、そのうちに不要なパスミスを誘発してカウンターをくらって失点している。

こういう守備を崩すのには、やはり前線の選手が積極的に動き回り、自らパスコースを創り出して中盤からのパスを引き出さなければならない。ところが、面倒なことにレアル・マドリーのロナウドは自分にボールが回ってくるまで歩くことしかしないのである。

ロペス・カロも彼の決定力を考えるとなかなかはずせないのだろうが、ここは決断の時である。ここ数試合、ロナウドのコンディションに復調は全く見られない。

このまま彼を使い続けるよりも、決定力では劣るが、豊富な運動量を誇るジュリオ・バティスタを起用した方がはるかにマシなのではないかと思える。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-02-27 18:50 | サッカー


<< レアル・マドリーのペレス会長が辞任 チェルシーがシェフチェンコ獲得に動く >>