カテゴリ:F1( 8 )

F1 第3戦オーストラリアGP レビュー

1ヶ月遅れの開催
ここ数年、オーストラリアGPといえば開幕戦だったが、今年はコモンウェルス・ゲームが開催された影響で4月の第3戦にずれ込むこととなった。

およそ1ヶ月ずれたことで例年よりも気温が低くなることが予想されていたが、アルバート・パークは週末雨が降るなどして、各チームの予想よりもさらに低い気温に。これにより予選、決勝は荒れに荒れ、予測不可能なサバイバル・レースの様相を呈した。

22台中、完走はわずかに13台。そんな中、アグリ・ホンダの2台がそろって完走するという快挙を成し遂げた。

ルノーが開幕3連勝を飾る
今年のテストではトップ・チームの力関係が拮抗していたことから混戦が予想されていたが、ふたを開けてみればチャンピオン、ルノーが開幕から3連勝(アロンソ2回、フィジケラ1回)し、他チームを早くも引き離しにかかっている。

やはりルノーは非常に手堅い。予選一発の速さと決勝のロングランの速さを兼ね備え、車は確かな信頼性に支えられている。作戦、ピットワークも全盛期のフェラーリを彷彿とさせる迅速かつ的確なもので、勝利をたぐりよせる術を知っている。

おまけにアロンソのドライビングにはさらに磨きがかかっている。決勝でもバトンをローリング・スタートで絶妙にかわし、そのままぶっちぎって優勝した。

フェラーリにしてもマクラーレンにしても速さはあるのだが、どこか歯車がかみ合っていない状況が多く、ここまで優勝するには至っていない。ホンダに至ってはロングランで完全に置いていかれている。このままでは青い車を出し抜く事は難しいだろう。

天候に翻弄されたフェラーリ
フェラーリ+ブリヂストンのパッケージは、アルバート・パーク・サーキットを非常に得意としている。昨年、“失敗作”と評判のF2004Mでさえ、決勝ではアロンソと互角のペースで走っていた。04年に至っては、フェラーリの次に速かったアロンソに1秒もの差をつけて周回を重ねたのだ。

それだけに、ここオーストラリアでフェラーリは間違いなく優勝を狙いに来ていたはずだ。だが、そんな目論見は自然の驚異の前に崩れ去ることになる。

予選ではミハエルのアタック中ににわか雨が襲い、第2ピリオドで脱落。

決勝でも低い気温にタイヤがグリップせず、リスタート後のペースがなかなかあがらなかった。中盤、ミハエルはスリッピーなマシンをコースオフさせながらもハードプッシュでラップタイムをあげたが、最終コーナーで致命的なアンダーステアが出てウォールにヒット。そのままレースから脱落した。

フェラーリにしてみれば、悪夢としか言いようがない。優勝を狙いに行って結局ノーポイントに終わったのだから。週末を通じて天候に翻弄されてしまうことになった。

ただ、次のサンマリノもフェラーリは大の得意としている。歯車が噛み合えば、青い車に負けない速さを見せるだろう。

普通に走れればやはりマクラーレンは速い
トラブルの悪夢と常に隣り合わせのマクラーレンだが、やはり純粋な速さはルノーにも負けてはいない。ライコネンはフロントウイングにダメージを追い、途中ペースが安定していなかったが、ピットで交換してからは速さを見せ、ファステストも記録した。

仮にダメージがなかったとしても、アロンソが抜群に速かったのでパスするのは難しかったかもしれないが、いい勝負をしていた可能性は十分にある。

ただし、ルノーに待ったをかけるためにはもっと信頼性をあげる必要があるだろう。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-04-02 22:10 | F1

F1 バーレーンGP 決勝

リザルト
1. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
2. ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)
3. キミ・ライコネン(マクラーレン)
4. ジェンソン・バトン(ホンダ)
5. ファン・パブル・モントーヤ(マクラーレン)
6. マーク・ウェバー(ウィリアムズ)
7. ニコ・ロズベルク(ウィリアムズ)
8. クリスチャン・クリエン(レッド・ブル)
9. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
10. デヴィッド・クルサード(レッド・ブル)
11. ビタントニオ・リウッツィ(トロ・ロッソ)
12. ニック・ハイドフェルド(BMW)
13. スコット・スピード(トロ・ロッソ)
14. ラルフ・シューマッハ(トヨタ)
15. ルーベンス・バリチェロ(ホンダ)
16. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
17. ティアゴ・モンテイロ(ミッドランド)
18. 佐藤琢磨(スーパー・アグリ)
R. 井出有治(スーパー・アグリ/メカニカル)
R. ジャック・ヴィルヌーブ(BMW/エンジン)
R. ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー/ハイドロリック)
R. クリスチャン・アルバース(ミッドランド/ドライブシャフト)

決勝は4番グリッドからスタートした若年王者アロンソが逆転優勝を飾った。2位はPPからスタートした皇帝ミハエル。3位には最下位スタートから19台をぶち抜く脅威の走りでキミ・ライコネンが入り、今年のチャンピオン争いをするであろう3強が表彰台を占領する形となった。

ルノーのスタート性能は今年も非常にいい。バトンがスタートでミスったのを差し置いても、マッサ、ミハエルに食って掛かる勢いがあった。アロンソはスタート直後に難なくバトンをパスし、そのままファーストラップでマッサをオーバーテイク。ミハエルとの1対1に持ち込んだことが勝因となった。

やはりアロンソはニュータイヤをストックしていたことが大きなアドヴァンテージを持つことになった。1回目のピットインでニュータイヤを装備し、4秒以上あったギャップを2回目のピットイン時には1秒以内まで詰めることができた。

ミハエルの方が燃料を多く積まなければならなかったので、ピットインの時間差でアロンソが前を押さえることに成功。結果的にはファーストラップでアロンソがマッサをパスしたことが二人の明暗を分けることになった。

アロンソの後塵を拝したとは言え、今年のフェラーリはコンペティティヴなマシンを作ってきたという印象だ。昨年の課題だったフロントのダウンフォース不足を解消し、ロングランでもルノーに負けず劣らずの高い性能を見せた。

ライコネンの走りは圧巻だった。最後尾からスタートし、意表をつく1ストップ作戦を敢行。終わってみれば3位表彰台。やはりアロンソ、ミハエルのチャンピオン争いに絡んでこれるのはこの男しかいない。マクラーレンは信頼性さえ確保できれば、十分優勝を狙える車であることを証明した。

スーパールーキー、ロズベルクは前評判に違わぬ才能の片鱗を見せつけた。初レースで入賞し、華麗なオーバーテイクも披露。ロングランも安定したラップを刻み、なんといってもファステストラップを記録したのが印象的だった。

バトンはスタートをミスったのが結果に大きく響いた。渋滞につかまってクリーンラップを刻めず、思ったほど前に来なかった。1ストップでタイヤがかなりきついはずのライコネンをかわせなかったのも痛い。優勝するにはまだ何かが足りない。

スーパー・アグリの初陣はかなりドタバタ。琢磨は6回もピットインを強いられ、ルーキーチームらしさを見せたが、それでも初戦で完走できたのは好材料だろう。新車が出るまではこんな調子だろうが、思ったよりは安心して見ることができた。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-03-13 13:32 | F1

F1 06シーズン開幕! バーレーンGP予選

長い冬のテスト期間を経て、いよいよ金曜日から開幕したF1新シーズン。

今年はエンジンの仕様がV10からV8になるなど、レギュレーションが大幅に変更されたため、テストで例年にないほど各チーム精力的に距離を稼いでいた。

前評判通り圧倒的な力を誇示した王者ルノー。マクラーレンがエンジン開発に失敗してつまづいている一方で、今年はホンダの調子がいい。復活を目指すフェラーリは他チームとの同時テストを避けていた為、開幕するまで実力はナゾにつつまれていた。

予選結果を振り返る前に、まずは念のため主なレギュレーションの確認をしておこう。

2006年レギュレーション
(1)予選フォーマット
予選は俗に“ノックアウト方式”と呼ばれるもので、15分-15分-20分の全3セッションで構成される。

まず最初の15分で全車タイムを出し、下位6台が17-22番グリッドに確定。次の15分で残った16台がタイムを出し、ここで11-16番グリッドが決定。

11-22番までは、セッション終了後にレース開始時の燃料を自由に設定出来る。

最後の20分のセッションでは、レース開始時の燃料を搭載し、セッション途中の給油はできない。時間内であればいつでもアタック出来、ここでのタイムで1-10番グリッドが確定する。セッション終了後、使用した分だけ燃料の補給が出来る。

(2)エンジン
これまでの3リッターV10エンジンから、2.4リッターV8エンジンに変更される。

1エンジンで2レースを走破しなければならず、途中で交換した場合は決勝開始時のグリッドが10番後ろに下がる。

(3)タイヤ
フリープラクティスから決勝まで、全7セットのドライタイヤの使用が可能。同じくインターミディエイトタイヤは4セット、エクストリームウェザータイヤは3セットまで使用できる。

細かいレギュレーションはまだあるのだが、観戦する上ではこの程度知っておけば十分だろう。

予選結果
1. ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)
2. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
3. ジェンソン・バトン(ホンダ)
4. フェルナンド・アロンソ(ルノー)
5. ファン・パブル・モントーヤ(マクラーレン)
6. ルーベンス・バリチェロ(ホンダ)
7. マーク・ウェバー(ウィリアムズ)
8. クリスチャン・クリエン(レッド・ブル)
9. ジャンカルロ・フィジケラ(ルノー)
10. ニック・ハイドフェルド(BMW)
11. ジャック・ヴィルヌーブ(BMW)
12. ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)
13. デヴィッド・クルサード(レッド・ブル)
14. ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)
15. ビタントニオ・リウッツィ(トロ・ロッソ)
16. スコット・スピード(トロ・ロッソ)
17. ラルフ・シューマッハ(トヨタ)
18. クリスチャン・アルバース(ミッドランド)
19. ティアゴ・モンテイロ(ミッドランド)
20. 佐藤琢磨(スーパー・アグリ)
21. 井出有治(スーパー・アグリ)
22. キミ・ライコネン(マクラーレン)

第一セッション中盤、キミ・ライコネンの車のリヤウイングが吹っ飛び、そのままクラッシュして赤旗中断の大波乱。これでセッション終盤でタイムを出そうとピットで様子見していたドライバーが一斉にコースイン。

クリーンラップなどできるはずも無く、渋滞につかまったラルフ・シューマッハは不運だったと言うしかない。

フェラーリのフロント・ロー独占はさすがに予想できなかったが、恐らくフェラーリはもうニュー・タイヤのストックがない。一方のルノーは2セット残しており、4番グリッドとはいえ、アロンソがレースで逆転してくる可能性は十分ある。

特にテストの段階からルノーのロングラン性能は他チームを圧倒している。フェラーリは決勝のペースに自信がなければ、ミハエルを逃がす為にマッサが後続を抑えに出てくる可能性がある。これにつっかかるとアロンソは苦しい。

3番手にはバトンがつけた。テストから一発の速さはルノーを凌いでいただけに、ポールも狙えたがフェラーリに食われた格好になった。ホンダのロングランも、デヴィッドソンのラップタイムを見る限りはそこそこ安定しているので、スタートでマッサをパスすると優勝も見えてくる。

逆にスタートのいいアロンソにパスされると、優勝はかなり遠のく。ただし、アロンソはダーティなラインからのスタートなので、バトンが決定的なミスを犯さなければ問題はないと思われる。ホンダは恐らくニュー・タイヤを1セットもっており、これをどこで使うかがポイントになる。

5番手のモントーヤは車の動きから、かなりの燃料を搭載していると思われる。もし、モントーヤがスタートでアロンソの前に出ると、アロンソの優勝はかなり難しくなる。

スーパー・アグリはチームの現状を考えれば予想外の健闘と言ってもいいだろう。このペースで走れば完走も可能だ。

最後尾のライコネンは今年もトラブルに頭を抱えることになってしまった。ただし、車の力はあるので、前が渋滞している場合、彼にも上位を狙うことが出来る。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-03-12 12:42 | F1

ヘレステスト 復調のマクラーレン

メルセデスがV8エンジンの開発に失敗し、これまでのテストではルノーからラップあたり3秒以上離されていたマクラーレンだが、昨日行われたヘレステストでは新たに開発し直したエンジンを投入し、見事にトップクラスのタイムを刻んで見せた。

これまでのテスト経過を見る限り04年の悪夢が再来するかとも思ったが、メルセデスのニューエンジンはそんな事前予想を一掃する出来栄えだ。

ストップ&ゴーのヘレスはトラクションが重要で、当然トルクが必要。そのサーキットでいいタイムを刻んだということは、エンジンパワーについてはルノー、フェラーリと同等レベルのものだと見ていい。あとは信頼性が確保されているかどうかである。

まだテストの段階でシーズンに入ったらどうなるか分からないが、これでトップクラスの争いが面白くなってきた。ルノーは相変わらず頭一つ抜き出ているが、フェラーリ、ホンダ、マクラーレンは横一線。BMWもそこそこいいタイムを刻んでおり、06年ダークホースの一番手だ。

心配なのはBS勢。ヘレスではMI勢トップのアロンソから、BS勢トップのウェバーがラップあたり実に1.6秒も遅れている。本命フェラーリが参加していないのでなんとも言えないが、BSが未だにトラクション不足を解消できていない可能性がある。

追記:残念ながら06年ベルギーGPは開催中止。FIAから正式発表された。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-02-09 11:54 | F1

F1 ルノーが新車を発表

1月31日、ルノーがモンテカルロで新車発表会を行った。
写真はこちら(Racing-Live.com)

06年型の新車R26は昨年成功を収めたR25の正常進化型のようだ。

やはり印象的なのはサイドポンツーンの処理。去年のルノーはここをかなり絞り込んで周囲を驚かせたが、この処理が大当たり。今年の新車もそれを引き継ぎ、さらに進化している。

具体的には“空気溝”の間隔が狭くなり、サイドポンツーン自体もよりタイトになった印象だ。

昨年のサンマリノから投入してきた“ダブルウイング”も採用されており、チャンピオンらしく正常進化型に収めてきた。

昨年は重心をリアに傾けることでトラクションで差をつけたルノーだが、その分高速コーナーでマクラーレンに上をいかれた。今年はその辺りの処理がどうなっているのかに注目したい。

既にテストでも走っており、信頼性と速さの両面でライバルチームの新車から頭一つ抜け出た異次元の走りを披露している。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-02-01 10:54 | F1

F1 SUPER AGURIの参戦決定!

元F1ドライバー、鈴木亜久里率いる純和製チームのF1参戦が、FIAから正式に認可された。

これにより06年のF1は全11チーム、22台で行われることになる。
気になるドライバーラインナップは後日発表されることになっている。

ファーストドライバーは予想通り佐藤琢磨が納まると思われるが、セカンドドライバーはどうか。噂どおりなら井出有治ということになるが、ホンダのテストドライバーであるアンソニー・デビッドソンの線も未だに消すことは出来ない。

SUPER AGURIは、型落ちのアロウズのシャシーに、ホンダV8エンジンを搭載して開幕戦に臨む。いくらホンダエンジンを搭載するとはいえ、数年前の型落ちシャシーでは、コンペティティヴではないだろう。ミッドランドやトロ・ロッソにすら上をいかれることは間違いない。

サンマリノから新たなシャシーを投入するということだが、急ピッチで作られたものゆえ、こちらもあまり期待は出来ない。

だが、新たなチームの参戦というのは近年なかっただけに、歓迎すべきと思っている。兎に角、参戦が決まった以上はシーズン終了まで突っ走ってもらいたい。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-01-27 10:07 | F1

F1 フェラーリが新車を発表

24日、フェラーリがムジェロで新車発表会を行った。
写真はこちら(Racing-Live.com)

フェラーリは2001年、圧倒的な力を発揮した車両F2001の名前を、恐らくゲンを担ぐためだろうか、昨年までF200Xという名前を使い続けてきたが、昨年型のF2005が失敗作に終わり、心機一転、06年型は「248 F1」と命名された。

なお、248とは、それぞれ、2.4リッターV8エンジンの名前に由来する。

さて、私の第一印象だが、どうしても「保守的」な進化にしか見えない。昨年タイトルを逃し、ここは攻めたマシン開発してくると思っていたが、予想を大きく裏切られた形だ。

まず、サイドポンツーンの「えぐれ」が、昨年王者のルノーと比べると明らかに中途半端である。一方のルノーは今年も「えぐれ」の処理をさらに推し進めているため、フェラーリ車はこのルノーと比べると時代遅れな感が否めない。

一方でフェラーリらしい、新たな試みも見受けられる。それがサイドミラーの位置で、サイドポンツーン上から伸びている。これはリアウイングに空力の影響を与えないためと思われ、ライバル車には見られない面白い処理だ。

今年はV10エンジンからV8エンジンにレギュレーションチェンジするため、どの車もリアがすっきりとしているのだが、フェラーリの場合は特に顕著である。リアエンドは空力的にも重要な位置だけに、ここは期待が持てる。

ぱっと見、色気のないマシンだが、その真の実力は現段階ではなんとも言えない。いずれにせよ、フェラーリが復活できるかどうかは、この新車の出来栄えと、ブリヂストンタイヤの性能改善次第である。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-01-25 16:29 | F1

F1 ベルギーGPが中止に?

2006年のベルギーGPが中止?(Racing-Live.com)

06年のベルギーGPが急遽キャンセルされるという情報が、現地で報道されたようだ。

キャンセルの理由としてはパドックの狭さなどがあげられているが、果たして本当にそれだけなのかは分からない。なぜなら、モンテカルロや鈴鹿なども同様の問題を抱えているからだ。

ベルギーGPの行われるスパ・フランコルシャンといえば、世界でも屈指のドライバーズ・サーキットとして知られ、モンテカルロや鈴鹿と並んでドライバーの能力の差が出やすいと言われている。

ベルギー山間部にある同サーキットでは、高低差も大きく、天候が変化しやすい(スパ・ウェザー)。こうしたコンディションの変化がレースのリザルトをより面白くするのだ。

ドライバーはもちろん、世界中のF1ファンにとっては渇望されるGPの一つ。それだけに、今回の報道は非常に残念である。

ベルギーGPは03年にも一度、タバコ広告の問題で開催が中止されている。
なお、07年は現在のところ開催する見込みであるという。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-01-22 10:05 | F1