MMORPGとRMT~国内リアルマネートレードの現状

MMORPGとRMT~国内リアルマネートレードの現状とは -中央政策研究所 水谷氏(前編)
MMORPGとRMT~国内リアルマネートレードの現状とは -中央政策研究所 水谷氏(後編)

オンラインゲーム運営と「ゲーム内経済学」の視点 -国際金融情報センター山口氏(前編)
オンラインゲーム運営と「ゲーム内経済学」の視点 -国際金融情報センター山口氏(後編)

近年、MMORPGが普及し始めてたことで、RMTという社会問題が起こっている。
海外では、既にRMTを新たなビジネスモデルとして捕らえ、それを生業とする企業も出始めているという。

今のところ、RMTに対する見解はゲーム会社によって異なっている。
スクウェア・エニクスに至っては、FF XIに関してはRMTを違反行為としているが、EQ 2ではこれを公認しているのが現状だ。

EQ 2は海外プレイヤーが多いことがその理由と思われるが、いずれにしても一つの会社でも見解が分離していることからもRMTの複雑さを覗かせている。

私も数多くのMMOを経験しているが、RMTというのは余り良い印象がない。現金が絡むと、どうしても人は見境が無くなり、ゲームが荒れてしまうことが多いからだ。

だが、MMOの自由度が年々増す今、RMTを全面的に禁止するというのも現実的な話ではない。例え禁止したところで、裏で取引されるのは目に見えている。

いっそ、EQ 2のように公認するのも一つの手だろう。仮想世界で行われる取引ゆえに、詐欺などの問題も増加するだろう。一つのビジネスモデルとして確立するには、ゲーム会社の協力が必要不可欠のように思われる。
[PR]
by testarossa7537 | 2006-01-26 22:18


<< FF XI アトルガンの秘宝最新情報 バルセロナ、アンリ獲得か >>